Tokyo MK

東京エムケイ株式会社の運輸安全マネジメントに関する取組み

弊社における運輸安全マネジメントに関する取組みは次の通りでございます。
 

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。

     

  2. 輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

                  2021年度目標

  安全はすべてに優先することを念頭に重大事故ゼロ・第一原因事故ゼロを目指す。

  2020年度達成状況

  自動車事故報告規則に基づく交通事故/1件。

 

3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計(2020年度)

4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統​

Management1.jpg

5.輸送の安全に関する重点施策(2021年度)

  1. (発進後退時・右左折車線変更時・車間距離)3秒ルールの徹底。

  2. シートベルト着用声掛けの徹底

  3. 一時停止・多段階発進の徹底

  4. 日々の労働時間管理と健康状態の把握

  5. 事故者への教育・安全運転向上の研修を計画実施



6.輸送の安全に関する教育計画

7.輸送の安全に関する取組

  • 高機能車両の導入。
    安全支援システム・運転システム装備車両の標準化
    ドライブレコーダーの標準搭載及び映像の活用

  • 労務管理
    労働時間削減と効率化
    健康診断及びストレスチェックの実施

  • 感染症対策
    非接触体温計の設置
    従業員抗体検査の実施

 

8.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

<実施期間> 令和2年3月21日~令和3年3月20日

<実施対象> 安全統括責任者・運行管理者・管理者・運転者・その他職員

危険予知運転・防衛運転に関する教習
運転支援システム・その他車両の機能に関する講習
事故発生時シミュレーション
災害発生時の安否確認訓練

 

9.輸送の安全に関する内部監査結果

令和2年度中に年2回の内部監査を実施いたしました。

安全管理の徹底を再確認し、安全運転に対する指導、過重労働防止の取り組みを継続して参ります。